調剤薬局がお届けする産婦人科に関する情報サイト

産婦人科に関する情報サイト

産婦人科領域における大きな事故では分娩に関連したものが圧倒的に多くなっています。1つには産科が母親と新生児の両方を扱うために事故が起こりやすいということが挙げられます。母親が亡くなる場合、赤ちゃんが亡くなる場合、あるいは両方が亡くなる場合があります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

また、赤ちゃんが助かったとしても脳性麻痺などの神経障害があると、障害があるまま長い間暮らすことになりその間の補償額は億を超えてしまいます。もう1つには、病気だった人が亡くなるのではなく、元気だった若い女性が、出産をして元気に帰るはずが突然亡くなってしまうということが挙げられます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

最近のように医療が進歩してくると、あたかも出産は安全なものだと思い「医療を受けず自宅で産みたい」という人もいます。しかし、皆が自宅で出産を行ったら、現在の安全性を保てるか疑問です。

 

出産というのは新生児にとっても母親にとっても危険なことなのだということを知っておかなければなりません。現在の医療レベルの問題もあります。新生児の脳性麻痺は大きな問題ですが、最近の研究によるとお腹の中ですでに脳性麻痺が存在していて、必ずしも分娩時 だけが原因とは言えないのです。しかし、その証明が難しく、あたかも全ての脳性麻痺は産科医が分娩時に発症させたかのように言われることがあるのです。

 

調剤薬局