調剤薬局がお届けする産婦人科に関する情報サイト

産婦人科医を目指そう

卒業してからは国家試験に合格して医師の免許をとらなければなりません。医師の免許をとってからも3年間の「研修」というものを経なければなりません。

 

さらに、一人前の医師とみなされるには、外科系では数年(厳しいところでは十数年)の経験を積まなければなりません。外科系とは平たく言えば、手術を行う科です。

 

外科・脳外科・整形外科・耳鼻咽喉科・泌尿器科などがあり、産婦人科も外科に含まれます。つまり、一人前の産婦人科医になるためには、医学部入学から数えても十数年かかることになります。

 

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

このように見ていくと、産婦人科医になるには、長い困難な道のりが待っているように見えます。しかし、産婦人科医になりたいという夢があれば、自然とエネルギーが沸いてきて、勉強も研修も長い道のりも苦にならないでしょう。

 

産婦人科医に限らずどんな職業に就くにも、受験勉強や専門の勉強さえやっていればよいというものではなく、例えば、患者さんと接するには優しさやユーモアが必要だし、長時間の手術をこなすためには体力が必要となります。

 

自分にあった薬局をお探しなら