調剤薬局がお届けする産婦人科に関する情報サイト

施設について

分娩数が年々減少するなかで、分娩できる施設を作っても患者を集めるのが困難であったり、土地と人件費の値上がりで大規模な施設を作っても費用の回収が困難であるなどの点が上げられます。

 

一方で、不妊症など特殊な分野に限定しても、それなりの技術があればオフィス診療で充分患者が集められます。

 

また、ベットを持たないため夜間の当直などの煩わしさがない、休日もしっかりとることができる、などの理由から不妊症以外にも避妊、更年期障害、思春期など、いわゆる「特化した」あるいは「個別化した」診療を中心に行う施設が増加しています。

 

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

最近の女性は、結婚年齢が高齢化しているため、妊娠、出産で産婦人科を訪れることは少なく、むしろ生活環境の変化や、人間関係のストレスなど些細なことで、敏感に影響を受けてホルモンバランスを崩したり、

 

性的行動の若年齢化で性行為感染症が心配な状態で産婦人科を必要としている場合が多く、女性化として単に産婦人科だけでなく、女性全般の心身の悩みに対応しようという流れも最近注目を集めています。

 

薬剤師 求人 大阪
薬剤師 求人 神戸