調剤薬局がお届けする産婦人科に関する情報サイト

産婦人科は開業のチャンス

最近は医療事故による裁判が多く行われるようになってきています。特に小児科や産婦人科は、それ以外の科と比較すると、群をぬいて訴訟件数が多いという現状があります。これからの医療を担う若い医学生や研修医もそのようなリスクを回避したいと考える事で、最初から希望しないという事態になっているのです。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

そして、そのような状態の中で、一部の医師に負担が大きくなり、結局、辞めてしまうなど医療現場での悪循環が始まっていると考えられます。

 

全国で産科の医師不足が起きている問題で、舛添厚生労働大臣は「産科の訴訟のリスクをゼロにする」として、産科医師の処遇の改善などに全力を挙げる考えを示しました。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

舛添大臣は、全国で起きている産科の医師不足の解決のため、まず、医師の過失が明らかでなくても出産時に脳性まひとなった場合補償する制度については、「妊産婦が死亡した場合」なども対象にしたいと述べました。また、ハイリスクの出産を扱う医師については、診療報酬のほか、国と地方が出し合う「補助金」を給料に上乗せできないか検討を行うとしています。さらに、産婦人科の医師は女性の割合が高いことから、病院に週に20時間ほどの勤務でも常勤として雇用を促すとし、産婦人科の医師の処遇の改善に全力を挙げる考えを示しました。(2008.1.24)

 

薬剤師 就職のことならこちら