調剤薬局がお届けする産婦人科に関する情報サイト

資金を調達しよう

開業資金の調達法と概要
贈与の活用
親族からの資金支援としては、金銭の贈与、資産の贈与、金銭の消費貸借が手法としてあげられます。贈与での資金調達は、返済の義務がないので開業後の運営上資金コストがかからず、一番理想的な資金調達法といえます。 しかし、この贈与に関しては、当初の税負担を十分考慮しなければなりません。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

公的融資制度の活用
活用が可能な公的融資制度には次のようなものがあります。
1.社会福祉医療事業団(医療事業団融資)2.地方自治体制度融資3.住宅金融公庫4.国民生活金融公庫5.医医師会提携融資、各々の制度で用途や融資金額、金利などの条件が異なるため、考慮することが必要です。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

金融機関との融資交渉
銀行との融資交渉にあたっては、しっかりした事業計画書を作成した上で、その事業計画の裏付けとなる正確な資料を用意して融資交渉に臨むことが基本になります。融資審査の際、確認を受ける項目としては、「事業計画の整合性」「自己資金の有無」「提供担保物件の有無」「連帯保証人の有無」などがあります。

 

リース契約の活用
通常、リース契約を締結する際、その対象品目は医療機器、医療機器消耗品、事務機器が主になります。リース期間については基本的には5年間リースで設定します。リース契約が可能な対象品目としては、消耗品以外の耐久消費財が対象となります。

 

薬剤師 求人