調剤薬局がお届けする産婦人科に関する情報サイト

効率よく患者を集めよう

効率よく患者を集めるための、開業地選定のポイントは、第一に挙げられる条件としては、利便性の良さです。駅前もしくは、駅直結のビルテナントが最も適している立地と言えます。患者様は、公共交通機関もしくは自動車を通院の手段に使われることが多い為です。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

第二には、同ビル内に赤ちゃんグッズ等を取り扱う大型テナントが入居している事が望ましく、これによってお互い相乗効果が得られます。「お産までの診療・検診」を中心とするのであれば、市内中心部繁華街という立地よりも市内から若干距離を置いたタ−ミナル駅、「不妊治療」を中心とするのであれば、逆に市内中心部繁華街がそれぞれ適していると言えます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

また、「お産を行う有床診療所」であれば、今後開発が進んでいく郊外の新興住宅地周辺で戸建駐車場完備、もしくは賃貸マンションが数多く点在する立地が良いと言えます。またテナント選びのポイントとしては、ビルの内外装とも清潔感溢れる築浅の綺麗なビルを選ぶ事はもちろんの事、同ビル内の他入居テナントの業種にも注意したいところです。ギャルママや、少し前のヤンママと言われるお母様方を、いかにして患者様とする事が出来るか、また主に30代を過ぎた不妊に悩む女性にいかに来院してもらうか。そういう世代の女性が多く集まる立地こそが、これからの婦人科開業地選定に適したところと考えられます。

 

薬剤師 転職