調剤薬局がお届けする産婦人科に関する情報サイト

開業届を忘れずに

医療行為を行うためには、医療法に則ったクリニックの施設設備を整えて、所轄の保健所に開設届けを提出しなくてはなりません。 この場合、届出をすればよいと言うことになっておりますので、法令に違反するようなことがなければ、直ちに医療行為を行うことは可能となります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

開設届けには様々な添付書類が必要となり、建築の計画図面もその1つですが、クリニックの建築や内装工事を行う前には、図面の段階で事前に計画の承認を得ておく必要があります。 これを怠ると、届出を出しても現地調査の結果法令に違反するカ所があれば、保健所からの改善命令が出て工事のやり直しをせざるを得なくなります。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

また保険診療を行う為には、保健所に提出した開設届けの副本又は、県によっては受理証など、保健所が確かに届出を受け付けたという証拠を持って、保険診療を行うための許可を受けなくてはなりません。以前は、各都道府県の社会保険局が、その受付窓口となっていたのですが、平成20年からは厚生労働省が所管する厚生局に所管が移されました。申請手続きの締め切り日は、各県により若干異なりますが、許可の指定に当たっては毎月1日付けとなりました。従って、前月の締め切り日までに申請書類を提出して、翌月1日付けで保険診療を開始することが出来るので、万一、締め切り日までに書類の提出が間に合わないと、予定した開院が1カ月先延ばしになってしまうことになります。

 

薬剤師 就職