産婦人科に関する詳しい情報サイト

産婦人科とは

産婦人科とは、産科と婦人科を総称する科目です。
妊娠・出産と女性特有の婦人病などの医療に携わるのが産婦人科医の仕事です。

比較的大きな病院では、「妊娠・出産」に関連する医療は産科医が行ない、「婦人病」全般の治療を婦人科医が行なっています。

 

産科医は、妊娠の判定や妊婦の指導を始め糖尿病など、妊娠に伴う合併症の治療や管理をします。

 

また、不妊に悩む患者には、その原因を検査したり、妊娠をしやすくするための指導や治療をします。

 

出産の多くは自然分娩で、 産科医の立会いのもとに分娩専門のスタッフが行ないますが緊急処置が必要な時には産科医が外科手術を行なうなど、母体と子の命を守ります。

 

自然妊娠が見込まれない患者に対しては人工授精や体外受精を行ないます。この医療は、高度な専門施設を持つ病院の産科医が行ないます。 

 

婦人科医は、子宮癌・乳癌の手術や内分泌の崩れなど、婦人病を治療します。また、その病気を外科・内科・内分泌など、それぞれの分野から診断し、指導と治療を行ないます。

 

ですから、産婦人科医には、内科・外科・内分泌など広い範囲の専門知識が必要です。 開業医の場合は一般的に産科・婦人科両方の診療を行なっていますが、中では婦人科専門を専門の医院もあります。また、出産は自然なものなので、産婦人科医は、24時間体制で交代勤務しています。 。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

産婦人科のリスク管理(訴訟をよく起こされます)

産婦人科領域における大きな事故では分娩に関連したものが圧倒的に多くなっています。1つには産科が母親と新生児の両方を扱うために事故が起こりやすいということが挙げられます。母親が亡くなる場合、赤ちゃんが亡くなる場合、あるいは両方が亡くなる場合があります。 また、赤ちゃんが助かったとしても脳性麻痺などの神経障害があると、障害があるまま長い間暮らすことになりその間の補償額は億を超えてしまいます。もう1つには、病気だった人が亡くなるのではなく、元気だった若い女性が、出産をして元気に帰るはずが突然亡くなってしまうということが挙げられます。最近のように医療が進歩してくると、あたかも出産は安全なものだと思い「医療を受けず自宅で産みたい」という人もいます。しかし、皆が自宅で出産を行ったら、現在の安全性を保てるか疑問です。

 

出産というのは新生児にとっても母親にとっても危険なことなのだということを知っておかなければなりません。現在の医療レベルの問題もあります。新生児の脳性麻痺は大きな問題ですが、最近の研究によるとお腹の中ですでに脳性麻痺が存在していて、必ずしも分娩時 だけが原因とは言えないのです。しかし、その証明が難しく、あたかも全ての脳性麻痺は産科医が分娩時に発症させたかのように言われることがあるのです。

 

産婦人科は開業のチャンス

最近は医療事故による裁判が多く行われるようになってきています。特に小児科や産婦人科は、それ以外の科と比較すると、群をぬいて訴訟件数が多いという現状があります。これからの医療を担う若い医学生や研修医もそのようなリスクを回避したいと考える事で、最初から希望しないという事態になっているのです。そして、そのような状態の中で、一部の医師に負担が大きくなり、結局、辞めてしまうなど医療現場での悪循環が始まっていると考えられます。

 

全国で産科の医師不足が起きている問題で、舛添厚生労働大臣は「産科の訴訟のリスクをゼロにする」として、産科医師の処遇の改善などに全力を挙げる考えを示しました。舛添大臣は、全国で起きている産科の医師不足の解決のため、まず、医師の過失が明らかでなくても出産時に脳性まひとなった場合補償する制度については、「妊産婦が死亡した場合」なども対象にしたいと述べました。また、ハイリスクの出産を扱う医師については、診療報酬のほか、国と地方が出し合う「補助金」を給料に上乗せできないか検討を行うとしています。さらに、産婦人科の医師は女性の割合が高いことから、病院に週に20時間ほどの勤務でも常勤として雇用を促すとし、産婦人科の医師の処遇の改善に全力を挙げる考えを示しました。(2008.1.24)